探偵への依頼は違法か

探偵への依頼は違法かについて

個人の情報を収集する探偵依頼は違法ではないのかという問い合わせはとても多いです。日本国内で探偵社など調査会社を営むには、公安委員会へ届出を行う必要があります。そして調査は探偵業の業務の適正化に関する法律に基づいて行われることになります。探偵事務所の仕事は他人の依頼を受けて、特定人物を対象に行われる調査、および相談や鑑定業務となっています。これは探偵業法で認められた業務になり、法の範囲内であれば調べること自体は違法にはなりません。

 

ただし探偵依頼によって手に入れた個人情報を不正に流用し、その人の権利や利益を損害することは違法になります。業務上知り得た情報は秘密保持することが定められていますから、これを依頼者以外に漏らすようなことは法律違反です。また犯罪行為や差別目的で調べることはできません。調査依頼をするときには契約書を交わすことになりますが、上記のような約束を盛り込んだ書面を交付されるので必ずルールは守ってくださいね。

 

具体的にどんな探偵依頼が法律に反するのかといいますと、住居に侵入して盗聴器や盗撮器を仕掛けて欲しい、偽名を使うなどして個人情報を不正入手してほしいなどです。また別れさせ工作や退職工作などの不法行為も探偵が請け負うことはありません。どんなことでも調べられる、裏工作できるといった興信所は信じてはいけません。場合によってはあなた自身が罪に問われる可能性もあるため注意してください。信頼できる探偵会社は法律に違反する調査は行わないと断言しているはずですよ。

 

⇒探偵への依頼は無料相談・調査見積もり窓口